サッカーの元アルゼンチン代表のスーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏(60)が11日に退院するとロイター通信が報じた。硬膜下血腫のため、3日に首都ブエノスアイレスで手術を受けていた。

 今後はアルコール依存症の治療のため施設に入るという。同氏の弁護士は「彼はリハビリを望んでいる。落ち着いているし、しっかりしている」と述べた。(共同)