【サンパウロ共同】ブラジル国家衛生監督庁は11日、中断していた中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発中の新型コロナウイルスのワクチン治験を再開すると発表した。ブラジルのメディアが報じた。

 同監督庁は9日、「深刻な事態」があったとして中断を発表。被験者の死亡が報じられたが、ブラジルメディアなどが10日に死因は自殺だったと伝えていた。