慶応大の情報システムが不正アクセスを受けた問題で、流出した可能性のある約3万件の個人情報のうち、顔写真は約1万8千件で卒業生の顔写真も含まれることが11日、大学への取材で分かった。顔写真は学生証に利用するため湘南藤沢キャンパス(神奈川県藤沢市)で管理しており、現役の学生だけでなく、2007年度以降の在籍者分まで含まれるという。

 同キャンパスは、新型コロナで大半の授業がオンラインで行われており、閑散としていた。友人と自習に来ていた男子学生は「自分の個人情報が漏れたかもしれないと思うと不安。ネットに残れば悪用される可能性もあるし、怖い」と暗い表情だった。