菅義偉首相は、米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領と初めての電話会談を、日本時間12日午前に実施する方向となった。政府関係者が11日、明らかにした。バイデン氏に祝意を直接伝え、日米同盟を強化する重要性を確認。両国が主導する「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現や、地球温暖化対策での協力も申し合わせるとみられる。

 トランプ大統領は、選挙の「不正」を主張して敗北宣言をしない意向だが、首相は新政権発足を前提に、バイデン氏との信頼関係の構築に踏み出すべきだと判断した。訪米や対面会談も、来年1月20日の大統領就任式以降で適切なタイミングを探る。