日本サッカー協会の田嶋幸三会長が11日、オンラインで取材に応じ、新型コロナウイルス対策で帰国後に求められる原則14日間の待機措置緩和を求め、スポーツ庁に陳情する意向を明らかにした。これまでも文書で対応を求めていたが「私自身が伺ってお願いするつもりでいる」と話した。

 現在は欧州で活動する日本代表に国内組を招集できない状況で、カタールで行われるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)でFC東京が勝ち上がった場合、延期になって代替日を模索しているYBCルヴァン・カップ決勝への影響が懸念されている。