東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)を巡り、宮城県の村井嘉浩知事は11日午後、「原発には優れた電力の安定供給性があり、地域経済の発展にも寄与する」として再稼働に同意すると表明した。石巻市内で須田善明町長、亀山紘市長との3者会談後にそろって記者会見した。再稼働に必要な地元同意手続きは完了し、東北電は安全対策工事が完了する見込みの2022年度以降の再稼働を目指す。

 女川原発は東日本大震災の震源に最も近い原発で、地震の揺れなどに遭った。地元同意は震災の被災原発では初。重大事故を起こした東京電力福島第1原発と同じ沸騰水型軽水炉(BWR)としても初めて。