11日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は7営業日続伸し、1991年11月以来、約29年ぶりに終値で2万5000円の大台を回復した。新型コロナウイルスのワクチン開発が進み、経済活動が持ち直すとの期待が高まった。

 終値は前日比444円01銭高の2万5349円60銭と91年6月以来、約29年5カ月ぶりの高水準になり、バブル経済崩壊後の最高値を4営業日連続で更新した。東証株価指数(TOPIX)は28・27ポイント高の1729・07で約9カ月ぶりの高値。出来高は約16億8300万株。

 新型コロナ感染増の中、実体経済から懸け離れた上昇が一段と鮮明になった。