覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで兵庫県警尼崎東署に留置された女(48)の下着の中から、微量の覚醒剤入りのポリ袋が見つかっていたことが11日、捜査関係者への取材でわかった。留置する際の身体検査をすり抜けた可能性があるとみている。

 捜査関係者によると、女は覚醒剤使用容疑で10月27日に逮捕され、同28日に神戸地検尼崎支部に送検される際、不審な動きをしたため身体検査をしたところ、白い物質が入ったポリ袋を隠し持っていたという。県警は鑑定した結果、覚醒剤だと確認した。

 県警は逮捕した容疑者を留置する際に身体検査し、持ち込みが禁じられている私物があれば管理する。