自民党は11日、菅義偉首相が表明した2050年の温室効果ガス排出量の実質ゼロ目標実現に向けた推進本部の初会合を党本部で開いた。本部長を務める二階俊博幹事長は「提言を年内にもまとめたい。常識にとらわれない大胆な支援策や制度改革が必要だ」とあいさつした。

 会合は「2050年カーボンニュートラル実現推進本部」で、総裁直属機関として新設した。公明党も地球温暖化対策推進本部の設置を決めている。