幼い姉妹2人にわいせつな行為をしたとして、神奈川県警は11日、強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、東京都杉並区堀ノ内、無職近藤善広容疑者(33)=強制性交罪などで起訴=を再逮捕した。逮捕は3回目。

 県警によると、近藤容疑者は姉妹の母親とマッチングアプリで知り合い、交際していた。母親が外出時などに、姉妹の面倒を見ていたという。

 再逮捕容疑は2019年6月、千葉県内の姉妹の自宅で、当時4歳の妹にわいせつな行為をしたほか、今年3月ごろには自身の家で姉(8)の体を触り、その様子を動画撮影した疑い。動画は販売していた。