菅義偉首相は、米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領との初の電話会談について、早ければ12日にも実施する方向で調整に入った。政府関係者が11日、明らかにした。バイデン氏に祝意を直接伝え、信頼関係の構築を図る考えだ。

 日本時間の12日か13日の午前中に実施できないか、バイデン氏側と協議しているもようだ。

 菅首相は電話会談で、日米同盟を日本外交の基軸とする菅政権の方針を説明し、「自由で開かれたインド太平洋」の実現へ日米が連携する重要性を確認する方向だ。

 北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向けた協力を呼び掛け、支持を得たいとみられる。