【杭州共同】中国で「独身の日」と呼ばれる11日、インターネット通販各社による毎年恒例の値引きセールが始まった。新型コロナウイルスによる巣ごもり需要と、海外旅行に出かけられない人の「爆買いマネー」が販売に拍車をかけそうだ。

 最大手アリババグループは現地時間11日午前0時(日本時間11日午前1時)から特売を開始。今年は1~3日に先行セールも実施しており、11日午前0時半までの累計の取引額が3723億元(約5兆9千億円)となった。前年の2684億元を上回っており、6兆円を突破する勢いだ。