国内で10日、新たに1284人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京293人、大阪226人、北海道166人、愛知129人など。大阪は過去2番目の多さで、200人を超えたのは8月7日以来、約3カ月ぶり。吉村洋文知事は「まさに第3波に入っている」との認識を示した。

 北海道も6日連続で100人を超え、鈴木直道知事は官邸で菅義偉首相と面会し、対策の支援を要望した。

 死者は東京と大阪で各3人、北海道、神奈川、兵庫で各2人、埼玉、千葉、岡山で各1人の計15人が公表された。神奈川の死者のうち1人は9月に死亡したが、入院先の医療機関のミスで発表が遅れた。