広島が19安打7得点で快勝した。一回に松山の2点二塁打で先制。三回は松山の9号2ランや鈴木誠の適時二塁打などで4点を加えた。床田は八回途中3失点で5勝目。ヤクルトは新人の奥川が先発で初登板して三回途中5失点だった。