岐阜第一高(岐阜県本巣市)で2017年、柔道部の先輩から暴行されたり「コリアン」と呼ばれたりして精神的苦痛を受けたとして、岐阜県内の韓国籍男性(19)が先輩の男性(20)や両親、学校側に計441万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁は10日、一部に「違法行為」があったとして、先輩男性に慰謝料など約35万円の支払いを命じた。

 両親や学校側への請求は退けた。

 判決によると、17年4月~18年2月、先輩男性は韓国籍男性をコリアンと呼んだり、寝技の練習中に膝で顔を複数回蹴ったりした。韓国籍男性は歯が折れ、柔道の練習に参加できなくなった。