防衛省は10日、陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備されている輸送機V22オスプレイのホバリング中、警告が表示されたと明らかにした。陸自は同日、配備後初となる駐屯地外の飛行を予定していたが見送った。点検作業をして11日以降あらためて飛行する。

 木更津には今年7月からオスプレイ2機が配備され、うち1機が6日、駐屯地内で約10分間ホバリングし初めて飛行した。今後は東京湾や相模湾を中心に飛行を重ね、各地の演習場での本格的な訓練への移行を目指す。

 岸信夫防衛相は10日の閣議後記者会見で「安心、安全に万全を期していきたい」と述べた。