世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級1位で、世界3階級制覇の実績を持つ田中恒成(畑中)が10日、同級王者の井岡一翔(Ambition)との世界戦(12月31日、東京・大田区総合体育館)へ向けてオンラインで記者会見し「キャリア最大の勝負。このチャンスは必ずつかみたい」と決意を語った。

 田中は2018年に世界最速タイとなる12戦目で3階級制覇を達成。フライ級では3度の防衛を経て王座を返上し、今年2月に4階級制覇を目指すことを表明した。実績十分の相手にも「スピード、パワー、スタミナで負けているものは何もないと思う」と強気だ。