【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAと選手会は9日、2020~21年シーズンを12月22日に開幕することで合意したと発表した。レギュラーシーズンは72試合で、日程の詳細は後日発表される。東京五輪までには全日程を終える見通しで、ウィザーズの八村塁らが五輪でプレーする可能性が広がるとみられる。

 フリーエージェント(FA)の交渉は11月20日に解禁され、FA選手との契約は同22日からスタート。AP通信によると、キャンプは12月1日に始まる。

 NBAは新型コロナウイルスの影響で19~20年シーズンが10月に終わったばかりだった。