北海道と札幌、旭川、函館、小樽の4市は10日、計166人が新型コロナウイルスに感染し、2人が死亡したと明らかにした。感染者の発表は9日に過去最多の200人に達するなど、5日から6日連続で100人超えとなった。道内の感染者は計4364人、死者は計117人になった。

 新規感染者の発表は札幌市が126人、北海道が32人、旭川市が5人、函館市が2人、小樽市が1人。札幌市は、特別養護老人ホーム(特養)などが入る施設で新たにクラスター(感染者集団)が発生し、これまでに職員と利用者計50人以上の感染を確認したと明らかにした。