気象庁は10日、花の開花やウグイスの初鳴きなどから季節の移ろいをとらえる「生物季節観測」を2021年から6種9現象に縮小すると発表した。動物23種は全て廃止し、植物は桜の開花・満開などの一部を残す。

 気象庁によると、残すのは(1)アジサイの開花(2)イチョウの黄葉・落葉(3)ウメの開花(4)カエデの紅葉・落葉(5)桜の開花・満開(6)ススキの開花。廃止するのはアブラゼミの初鳴きや、テッポウユリの開花など。

 気象台や測候所周辺の生態環境が変わり、標本木の確保や対象動物を見つけるのが難しくなったのが原因。