赤羽一嘉国土交通相は10日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染が拡大している北海道について、政府の観光支援事業「GoToトラベル」の対象から「現段階で直ちに外す状況にはない」と述べた。西村康稔経済再生担当相も9日、同様の考えを示している。赤羽氏は直ちに除外する基準には至っていないとの認識を示し「感染状況の推移を注視している」と述べた。

 政府の新型コロナ感染症対策分科会はこれまで感染状況を表す4段階の基準で「急増」のステージ3相当と判断される地域は、対象からの除外の要否を検討するよう求めてきた。北海道は7日、独自に定める感染警戒度を「3」に引き上げた。