大相撲の西大関朝乃山(26)=本名石橋広暉、富山県出身、高砂部屋=が11月場所3日目の10日、日本相撲協会に「右肩三角筋挫傷で約4週間の治療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。初日の霧馬山戦で痛めたという。2日目は小結照ノ富士に敗れ、1勝1敗だった。

 今場所は白鵬、鶴竜の両横綱が休場し、複数の横綱が2場所連続で初日から不在という史上初の事態。さらに看板力士の一角が早くも離脱し、場所の盛り上がりが懸念される。朝乃山の休場は三段目100枚目格付け出しだった2016年春場所の初土俵以来初めて。3日目の対戦相手、若隆景は不戦勝。