【オーガスタ(米ジョージア州)共同】12日(日本時間同日夜)に開幕する男子ゴルフのメジャー、マスターズ・トーナメントに出場する選手が9日、米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナルGCで調整し、9度目出場の松山英樹はグリーンを中心にコースを確認した。2度目の今平周吾は9ホールをラウンドした。

 新型コロナウイルスの影響で4月から延期された。無観客となり、例年なら練習日から歓声が響く会場は静か。2013年大会覇者アダム・スコット(オーストラリア)は「雰囲気は大きく違う」としながら「この場に毎年戻ってくる意味は変わらない」と述べた。