【ワシントン共同】米スペースXの新型宇宙船クルードラゴンに14日搭乗予定の野口聡一さん(55)ら飛行士4人が9日、オンラインで記者会見し、野口さんは「クルードラゴンの打ち上げを経験するのは初めて。どのように感じるのか楽しみだ」と述べた。

 宇宙船はファルコン9ロケットの先端に設置される。5月の試験機の打ち上げに乗り組んだNASAの飛行士2人から、宇宙船内で打ち上げを待つ間、ロケットの燃料の注入が進むと音が変化し、打ち上げが迫るのを実感したと聞いたという。

 野口さんらは現地時間14日午後にフロリダ州から打ち上げられ、国際宇宙ステーションに半年滞在する予定。