【ニューヨーク共同】米大リーグ、ヤンキースからフリーエージェントになった田中将大投手は米東部時間11月1日午後5時(日本時間同2日午前7時)にヤンキースとの独占交渉期限を迎える。まとまらなければ、日本を含む全球団との交渉が解禁となる。

 ヤンキースが期限内に、今季の年俸上位125選手の平均額である規定の1890万ドル(約19億8千万円)で単年契約を求める「クオリファイング・オファー(QO)」を提示するかどうかが焦点。QOが提示された場合、田中は11日(同12日)までに受諾か拒否かを決める。

 田中は2014年にポスティングシステムでヤンキース入りした。