ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手が10日に神宮球場で行われる今季最終戦の広島戦でプロ初登板することが1日、確実となった。この日、2軍の日本ハム戦(鎌ケ谷)で先発して5回無安打無失点と好投。小川ゼネラルマネジャー(GM)は2日の状態次第とした上で「特に問題がなければ多分、1軍の方で」と話した。

 最速149キロを記録し、三回には2者連続で見逃し三振を奪うなど制球力も光った。奥川は「一年間ファームでやってきたことを1軍のマウンドでも表現できるように、落ち着いてやれたらいい」と話した。

 高津監督は「見てみたい気持ちはある。経験させてあげたい」と話した。