【パリ共同】フランス南部リヨンのギリシャ正教の教会で10月31日、司祭(52)がショットガンのような銃で撃たれ、重傷を負った。容疑者は逃走し、当局は殺人未遂容疑で捜査を始めた。テロの可能性も排除はしていないという。地元メディアが伝えた。

 当局は目撃証言に似た人物を拘束したが、銃は所持しておらず、容疑者かどうか慎重に調べている。

 司祭はギリシャ国籍。教会の出入り口を閉めようとしていた際に腹部を撃たれたという。ニュース専門テレビBFMは、当局はまず個人のトラブルの可能性に重点を置いて調べていると伝えた。