【イスラマバード共同】パキスタンの通信規制当局は9日、低俗でみだらな動画が投稿されているとして、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」への接続を遮断した。女性が肌を露出する動画などが投稿され、イスラム教国の同国で反発が出ていた。

 当局は7月、アプリを手掛ける中国企業に配信管理の仕組みを作るよう最後通告したが、9日の声明で「(同社が)指示に従わなかった」と指摘した。対策が講じられれば再考するとしている。

 地元メディアによると、ティックトックはパキスタンで通信アプリ「ワッツアップ」やフェイスブックに次ぐダウンロード数を記録し、人気を集めている。