天皇、皇后両陛下は9日、住まいの赤坂御所で、新型コロナウイルス禍における日本経済の現状や今後の課題などについて、日銀の黒田東彦総裁から進講を受けられた。

 黒田総裁によると、地域別の景気動向のほか、国内外の雇用や株価の動向などについて説明。両陛下は特に、コロナ禍が中小企業や各地域に与える影響について、深い関心を持っていたという。天皇陛下は「経済的な困難が生じているのではないか」と心配し、黒田総裁に「さまざまな努力をして、困難を乗り越えていくことを期待しています」と話した。

 両陛下は4月以降、感染状況や医療体制など、専門家や関係者から説明を受けている。