駅ホームでの視覚障害者の転落事故を防ぐため、ITやセンサーなどの新技術を活用した対策を話し合う国土交通省の検討会が9日、第1回会合を開いた。視覚障害のある当事者や鉄道事業者、研究者らで構成し、来春までに対策を取りまとめる。

 会合は冒頭を除き非公開。国交省はホームに設置したカメラの映像を人工知能(AI)が解析し、音声で注意を促す実証実験中のシステムや、スマートフォンなどで駅員に支援を求めやすくなるアプリの構想などをまとめた資料を示した。

 会合では当事者らから「介助する駅係員を支援するIT技術の活用が必要」などの意見が出た。