さいたま市見沼区の集合住宅で昨年9月、義理の息子で小学4年の男児=当時(9)=を殺害しメーターボックス内に遺棄したとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職長島悠介被告(33)の裁判員裁判で、さいたま地裁(任介辰哉裁判長)は9日、懲役16年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。

 任介裁判長は判決理由で、被告は無意識に殺害したと供述し、動機は判然としないと指摘。「被告が苦慮していたという帽子をなくすなどの男児の問題行動は深刻とはいえない。殺害の意思決定はあまりに短絡的で、遺体を隠した行為も悪質だ」と述べた。