北海道浦幌町のアイヌ民族の団体「ラポロアイヌネイション」(旧・浦幌アイヌ協会)が、河川での経済的なサケ捕獲は先住民族が持つ権利「先住権」だとして、法や規則で禁止されないことの確認を国と道に求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、札幌地裁(高木勝己裁判長)で開かれ、国と道は請求棄却を求めた。

 訴状などによるとラポロアイヌネイションの構成員の先祖は、明治政府がサケ漁を禁止するまで同町を流れる浦幌十勝川でサケなどを捕獲していた。明治政府がアイヌの漁猟の土地を奪ったのは不当だとして、ラポロアイヌネイションが今もサケ捕獲権を引き継いでいると主張している。