東京マラソン財団は9日、東京都内で臨時理事会を開き、3月7日に開催予定だった2021年の大会を10月17日に延期することを決めた。今年3月の大会は招待選手らエリートランナーのみで行ったが、来年は約3万8千人の一般ランナーも参加する従来の形で実施する方針。22年大会は3月6日に開催する。

 新型コロナウイルスの感染状況や政府によるイベント入場、海外渡航の制限が続いていることを踏まえ、3月に通常規模で開催することは難しいと判断。東京五輪後の10月とした。五輪が近づいた時期の開催で感染が広がった場合や、中止の場合の影響の深刻さを懸念する声もあった。