9日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=105円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比05銭円高ドル安の1ドル=105円93~94銭。ユーロは05銭円安ユーロ高の1ユーロ=124円75~79銭。

 東京市場は円売りドル買いがやや優勢で始まったが、ドルを売って利益を確定する動きが出て円高に転じた。ドルに対する人民元高もドル売りを誘った。

 市場では「人民元高は、米大統領選でバイデン氏が勝利すれば米中関係が改善するとの期待を織り込んだものだ」(外為トレーダー)との見方があった。