強い台風14号は9日、四国沖から紀伊半島沖に進んだ。日本に上陸する可能性は低くなったが、10~11日にかけて東海、関東の太平洋沿岸に接近する見通し。気象庁は高波、暴風、大雨による土砂災害、低地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

 台風の接近に伴って西日本で10日にかけて東日本太平洋側で11日にかけて非常に強い風が吹き、海は大しけとなる。秋雨前線の活動が活発化し、西・東日本の太平洋側は非常に激しい雨が降る地域がありそうだ。

 台風の速度が比較的遅く、特に東海は台風や前線の雨雲が長時間かかって猛烈な雨の降る地域があるとみられる。