【ワシントン共同】米大統領選の投票日まで1カ月を切り、新型コロナウイルスに感染した共和党のトランプ大統領が10日の支持者集会再開に執念を燃やしている。テレビに電話出演した8日はせき込みながらも「元気だ」と繰り返した。優位に立つ民主党のバイデン前副大統領が激戦州の遊説を強化していることへの焦りがにじむ。開催が不透明になった討論会の行方も焦点だ。

 「10日夜に南部フロリダ州で集会に挑戦してみたい。翌日には東部ペンシルベニア州だ」。トランプ氏は8日夜、FOXニュースの電話インタビューで、激戦州での集会再開に並々ならぬ意気込みを示した。