お笑いコンビ「マシンガンズ」で活動しながらごみ収集会社に勤務し、「ごみ清掃芸人」として知られる滝沢秀一さん(44)が9日、環境省のサステナビリティ広報大使に就任した。任命書を小泉進次郎環境相から受け取り「ごみは人の心の問題。いろいろと発信していきたい」と語った。

 滝沢さんは分別やリサイクル、ごみ減量化の大切さを著書などで訴えている。メロンが丸ごと捨てられていて驚いたり、可燃ごみにスプレー缶が交じって危険を感じたりすることもあるという。

 広報大使はサステナブル(持続可能な)社会を目指して情報発信するのが役割で、就任は滝沢さんが1人目。