新型コロナウイルスの影響で、ハロウィーン商戦に変化が出ている。例年各地で開催される大規模イベントが今年は難しいことを踏まえ、各社はオンラインでのPRや、少人数向けを意識した商品を展開。遊園地やテーマパークでは感染防止と集客の両立を模索する動きがみられる。

 イオンは、自社で展開する手芸専門店で部屋の飾り付け用などのハンドクラフト商品を8月に新発売。アサヒビールは、抽選の当選者が参加できるイベントをオンラインで開催する。よみうりランドでは期間限定で、デコレーションしたマスクなどで仮装すれば入園料が無料に。USJ(大阪市)では、一定の距離を保てる対策を取った。