赤羽一嘉国土交通相は9日の記者会見で、観光支援事業「Go To トラベル」について、当面来年1月末までとしている実施期間の延長もあり得るとの考えを示した。「(1月末は)あくまで目安で、終了するということではない。予算の執行状況を見ながら、終了時期は判断する」と述べた。

 平日は休みにくい人も多く、GoTo利用は休日に偏っているとの指摘も出ている。赤羽氏は平日の休暇取得促進や、平日でも利用しやすい旅行プラン作りに官民で取り組むとした。

 GoToトラベルの事業予算は約1兆3500億円。9月15日時点で、宿泊旅行の割引では735億円の予算消化にとどまっている。