菅義偉首相は9日、武田良太総務相と官邸で会談し、新型コロナウイルス感染拡大で影響を受けた家庭の負担を軽減するため、携帯電話料金の引き下げを早急に実現するよう指示した。「国民の家計への負担を一刻も早く、少しでも軽減できるよう万全を期してもらいたい」と伝えた。武田氏が記者団に明らかにした。

 首相は料金引き下げの意義を「コロナ対策、経済対策の一環として重要なポイントだ」と強調。武田氏は首相に、携帯大手3社との意見交換の結果を報告し「公正な市場競争ができる環境づくりを実現したい」と応じた。