橋本聖子五輪相は9日の記者会見で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が東京五輪に海外からの観客を入れる前提で準備を進める考えを表明したことについて「多くの皆さんに見ていただくことが五輪、パラリンピックの本来の姿だ」と理解を示した。

 橋本氏は大会の観客の扱いについて「今後議論される論点の一つだ」と強調する一方、「アフターコロナを見据える中でも楽しんでいただける、より素晴らしい大会になるよう引き続き努力を重ねたい」と述べた。

 バッハ会長と菅義偉首相との直接会談については「早い段階で実現できれば大変喜ばしい」とした。