【ロサンゼルス共同】米大リーグのプレーオフは8日、地区シリーズ(5回戦制)が各地で行われ、第4戦のア・リーグでヤンキース(東地区2位)がサンディエゴでレイズ(東地区1位)に5―1で勝利し、対戦成績を2勝2敗のタイにした。レイズの筒香は出場しなかった。

 アストロズ(西地区2位)はアスレチックス(西地区1位)を11―6で破り、3勝1敗として4年連続でリーグ優勝決定シリーズに進んだ。

 ナ・リーグは第3戦で、ブレーブス(東地区1位)がマーリンズ(東地区2位)を7―0で下し、3連勝で2001年以来のリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。