国民民主党は9日午前、憲法調査会(山尾志桜里会長)の初会合を国会内で開いた。政策提案路線を唱える玉木雄一郎代表はあいさつで「未来志向の憲法議論を積極的に進めたい」と述べ、党独自の憲法改正草案の概要を年内に取りまとめる考えを強調した。自民党が呼び掛ける改憲論議に応じる可能性も出ている。

 憲法問題を論じるには「国民の理解が欠かせない」として、インターネットでも中継。関心を呼び込みたい考えだ。玉木氏は「議論の中身とプロセスで新しいアプローチを示したい」と語った。

 憲法調査会は週1回程度開き、意見集約を図る考えだ。