【パリ共同】テニスの全仏オープン第12日は8日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス準決勝で今年の全豪オープンを初制覇した第4シードのソフィア・ケニン(米国)は第7シードのペトラ・クビトバ(チェコ)を6―4、7―5で退けた。初めて進んだ10日の決勝でノーシードのイガ・シュビオンテク(ポーランド)と対戦する。

 世界ランキング54位で19歳のシュビオンテクは予選から勝ち上がった世界131位のナディア・ポドロスカ(アルゼンチン)を6―2、6―1で下し、四大大会で初の決勝進出。全仏でポーランド勢としては1939年大会以来81年ぶりとなった。