【ワシントン共同】トランプ米大統領は8日、新型コロナウイルスの流行で打撃を受けた家計や企業などを支援する追加経済対策に関し、野党民主党と協議を再開したとFOXビジネステレビで明らかにした。6日に協議停止を表明したばかりだったが、追加策の実施が遅れることで景気や株価に及ぼす悪影響を警戒したとみられる。ただ対策規模などを巡る隔たりは大きく、早期に合意できるかどうか不透明だ。

 トランプ氏は、協議を停止したのは巨額の対策を求める民主党との議論が「停滞していたためだ」と釈明した。「今はうまく進み始めている」と説明した。