【ニューヨーク共同】8日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日からの上昇幅は一時、140ドルを超えた。午前10時現在は前日比138・11ドル高の2万8441・57ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は55・79ポイント高の1万1420・39。

 米追加経済対策の一部実施への期待から買いが先行した。銘柄別では、ITのインフラ部門の分社化を発表したIBMの上昇が目立った。クラウドと人工知能(AI)に注力する戦略が好感された。