巨人が逃げ切り、シーズンの勝ち越しを決めた。一回に岡本の2ランで先制。その後も三回に丸の2ランなどで四回までに9点を奪った。サンチェスは7回2失点で7勝目。DeNAは八回に5点を挙げて追い上げたが及ばなかった。