沖縄タイムス社(那覇市)は8日、新型コロナウイルス対策で中小企業などを支援する国の持続化給付金を不正受給したとして、40代男性社員を懲戒解雇した。関連会社のタイムス印刷(沖縄県浦添市)も、給付金を虚偽申請したとして30代男性社員を懲戒解雇した。

 沖縄タイムス社は処分理由を「新型コロナの影響で困窮する方々を支援する制度を悪用したあるまじき行為で、当社の社会的信用を傷つけた」と説明した。