大学入試センター試験の後継として、来年1月に初めて実施される大学入学共通テストの出願が8日、最終日を迎えた。センターによると、同日午後5時現在の集計で、51万4651人が出願。うち、高校卒業見込みの現役生は44万555人、浪人生らが7万4096人だった。8日の消印有効で、最終的にはさらに増える。

 共通テストは来年1月16、17日に「第1日程」、新型コロナウイルス感染症による長期休校に配慮した現役生限定の「第2日程」が同30、31日に実施される。第2日程は校長に学習遅れがあると認められた場合、受験できる。両日程にそれぞれ何人が出願したかは、来週公表の予定。