囲碁の第46期天元戦5番勝負の第1局は8日、名古屋市で打たれ、挑戦者の一力遼碁聖(23)が290手で井山裕太天元(31)に黒番半目勝ちし、先勝した。

 一力碁聖は8月に碁聖を奪取し、初の七大タイトルを獲得。天元戦で二冠目を狙う。井山天元は前期、5連覇を達成し、名誉天元の資格を得た。今期は同棋戦単独最多となる6連覇が懸かる。

 第2局は20日に札幌市で行われる。